Inter Local Partners

NEWS

注目

第一回「合志リーダーカンファレンス」開催します!

一般社団法人合志農業活力基金「第一回 合志リーダーカンファレンス」を開催します。

熊本のベッドタウンであり、主要観光エリアへのハブとしても特徴的なエリア合志。全国住みよさランキングでも常に上位の街合志。

この町で新しい取り組みやビジネスに挑戦できる地域のコミュニティリーダーを集め、新しい社会の枠組みに求められるこれからのビジネスを語り合うカンファレンスを行います!!

第一回目の今回から数えて、3月までに全3回行います。

九州地区の方でご興味のある方は是非ご参加ください!

こんな想いの人!大募集!

『地元愛があり、なんとかしなくてはならないという危機感を有している』

『一方でそのために、何をどうすればよいかわからない』

『既に地域コミュニティを有し、地域との連携が可能』

『熊本・合志への想いがあり、この地域をより魅力ある場所にしたいと考えている』

『地域における事業創造に必要な要素を見出し、組み合わせることができる』

『他地域における社会実業家とのコミュニティを有し、連携が可能』

イベント詳細

日時:2019年10月2日(水) 18:30〜20:30

場所:合志市総合センター「ヴィーブル」 (熊本県合志市福原2922番地)

講師:古田 秘馬(株式会社umari 代表取締役)

 東京都生まれ。慶應義塾大学中退。山梨県・八ヶ岳南麓「日本一の朝プロジェクト」、東京丸の内「丸の内朝大学」、日本中の素敵なソーシャルプロジェクトを紹介する「いいね!JAPANソーシャルアワード」など数多くの地域プロデュース・企業ブランディングなどを手がける。2009年農業実験レストラン「六本木農園」を開店後、和食を世界に繋げる「Peace Kitchenプロジェクト」など都市と地域、日本と海外を繋ぐ仕組みづくりを行う。

注目

ローカルパートナー募集します!!

【ローカルパートナーオーディション開催】

現在、弊社では、水面下で様々なプロジェクトを進行させております。そんな中、地域のビジネスに慢性的に不足しているものがあると痛感しております。もちろん、私たちだけでなく、様々な大企業や、行政などが地域創生、地域活性に取り組んでいますが、同じ問題に直面します

本気で現場に!地域に!飛び込んでやりきる“プレーヤー”“プロデューサー”が足りていない!!

そう、評論家と観客と協会はいっぱいいるのに、ピッチに出ていく次世代の選手が足りていないのです!そこで、私たちインターローカルパートナーは、次世代の地域プロデューサーを発掘し、ともに成長できる仕組みに挑戦します。

約1年間、全国で進行中の様々な地域プロデューサーの元で地域ビジネスを経験していただきます。

プロゲラム終了後、働きたい地域プロデューサーと働くも良し、起業するも良し、本業でのキャリアアップに使うも良し。

このプロジェクトの内容に関してのお問い合わせや質問含め、info@interlocalpartners.jpにお気軽にどうぞ

また、4/23にプロジェクトに関しての説明会を予定しております。場所や時間(夕方以降を想定)が決まれば告知をいたします!

来たれ、未来の地域プロデューサー!

応募はこちらから!!https://forms.gle/AMho7tdSjdim9n9j6

弊社運営の有楽町 micro FOOD&IDEA MARKETについて

昨年12/2、三菱地所株式会社の有楽町エリア再構築に向けた先導プロジェクト「Micro STARs Dev.(マイクロスターズディベロップメント)」のローンチと同時に、12/4、フラッグシップとなる店舗「有楽町 micro FOOD&IDEA MARKET」が開店。                           弊社インターローカルパートナーズが運営しております。          様々な人・アイデア・文化・食に出会える多機能型店舗として、都市型のまちづくりとして様々な実証実験を行っております。多くの皆様との関わりを形にする場所となっております。お気軽にご相談ください。

https://yurakucho-micro.com

好奇心が交差する市場

何が正解なのか分からない、時代の潮目に私たちは生きている。これから生まれる新しい価値は、社会が多数決で決めるのではない。客観から主観へ。インフォメーションからインスピレーションへ。ここは、まだ価値の定まらないモノゴトに焦点を当てる場所。それは、作り手の好奇心と受け手の好奇心が交わる市場です。新しい有楽町で逢いましょう。

こだわりを、ゆるく手軽に、好きなだけ

micro FOOD marketは、” こだわりとゆるさ” が共存するバルです。普段は手にすることのできない日本各地のmicroな食材を新しい物流の仕組みで運び、microな菌に注目した調理法を取り入れてお届けします。また、microなブリュワリーのクラフトビールを立ち飲みスタイルでお楽しみいただけます。こだわり抜いたフードとドリンクを、ゆるく手軽に、好きな時に、好きなだけ楽しむのが、この場所のスタイルです。

あなたに響く、掘り出し物に出逢うかもしれない

ここはショッピングモールに入っているセレクトショップではありません。万人受けはしないものも多いかもしれませんが、あなただけに響く掘り出し物と出逢えるかもしれません。まだ一般に知れ渡っていない社会に火をつけるプロジェクトや、日本に500近くあるという有人離島で生まれたプロダクト、個人が自ら生み出す本のカルチャー、アート作品まで、マーケットとして様々なジャンルのものが集まります。

有楽町Micro Stars Dev. 始動

有楽町のまちづくりに、弊社インターローカルパートナーズが参画しております。
https://youtu.be/QqxGr9lmNe4

https://www.mec.co.jp/j/news/archives/mec191202_micro.pdf

第二回「合志リーダーカンファレンス」開催します!

前回行われたカンファレンスの第二回のお知らせ!!
12/18 (水) 18:30-20:30
ルーロ合志(旧:西合志庁舎)で行われます。

今回の講師は、
ローカル珈琲ブランド「日光珈琲」の立ち上げや
古民家リノベーションカフェのパイオニアでもある
有限会社風間総合サービス 代表取締役 風間教司さんです。

前回の、「コンセプトやアイデア」「地域課題の掘り下げ」のターンから
今回は、「ちいさく始める小商い」「何をして地域を変えたいか?」などのアクションのターンです。

先日のカンファレンス参加者から「多くの参加者が来てて、自分の地域のことなのに、こんな人がこんなことをやっているんだ、と初めて知ることもありました」とあったように、まだまだ地域って掘ることが大切!!

熊本エリア在住の、地域活動をやってみたい人、ぜひ、この機会に
参加ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■応募はこちらから(グーグルフォームから)
https://forms.gle/kNj5294EUtydg6g46
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第一回 合志リーダーカンファレンス レポート

2019/10/2(水)に
合志市総合センターヴィープル(熊本県合志市)で合志リーダーカンファレンスの1回目が開催されました。
初回の講師は、弊社取締役でもある株式会社umari代表取締役 古田秘馬

合志内外から約30名の参加者が、セミナーとワークショップを通して「コンセプトとアイデア」「地域課題や課題の深堀」などを議論し合いました。

終了後の懇親会も、素晴らしく尖っている女将さんの
地域食材豊富なお料理も合わせて、とても熱い会となりました。

事業でも地域でもプロジェクトでもとにかく”人”は大切。
セミナーや研修から得られる知見や情報を使うのも使わないのも人。
インターローカルパートナーズは、全国で多くの事業を成してきた地域プロデューサーの集まり。そんな、私たちだからこそできるカンファレンスです。
次回は12月中旬に開催を予定しております。

九州、熊本にお住いで、ちょっと行ってみようかな、思われた方、次回ぜひお待ちしております!

【掲載】日経産業新聞 9/13

弊社の資金調達に関する記事が、日経産業新聞9月13日付朝刊に掲載されました。

キリンホールディングス株式会社・自然電力株式会社・株式会LIFULL・東邦レオ株式会社の4社からの追加出資について

地域に根ざした新しい仕組みづくりのため、地域ビジネスにプロデュースという手法を取り入れ、全国各地の地域事業に関わっている株式会社インターローカルパートナーズ(本社:東京都港区/代表取締役:山本 桂司、以下「ILP」)は、 この度、事業シナジーと地域間連携、新規事業創造を主軸に、キリンホールディングス株式会社(本社:東京都中野区/代表取締役社長:磯崎 功典、以下「キリン」)・自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市/代表取締役:磯野 謙、川戸 健司、長谷川 雅也、以下 「自然電力」)・株式会社LIFULL(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:井上 高志、以下「LIFULL」)・東邦レオ株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:吉川 稔、以下「東邦レオ」)の4社から追加出資を受けることになり、経営株主の追加増資を加え、資本金は49,599,000円となりました。

高い専門性を有したプレーヤーが多数存在している地域ですら、エリア全体をプロデュースする人材は依然として不足しています。ローカルビジネスに必要な「地域プロデュース力の集合体」として設立されたILPは、全国各地で実績を残してきた地域との信頼とネットワークにより、各地で地域再生事業や地域プロデュース事業、地域プロデューサー育成事業などを展開。
今回の追加出資を受け、各社の持つ事業リソースの地域における展開が、より具体的に可能になります。地域側にとっても、これまでの地域ビジネスには存在しなかった新たなローカルパートナーの参画により、新しい事業創生の機会が生まれます。
また、ローカルベンチャーへの投資により、プロデュースの先にある、より具体的な事業化を推し進めることが可能となりました。

4社からの追加出資を受けることで、以下4つのシナジー効果が期待されます。
①ILP×キリン「CSV※事業・ローカルクラフトビール事業」
ILPの前身にもあたる「地域創生トレーニングセンタープロジェクト」に代表されるキリングループのCSV事業の地域事案プロデュースへのシナジー、地域コミュニティに根ざしたローカルクラフトビール事業の創造
※CSV:Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造

②ILP×自然電力「地域電力事業・電力基金活用事業」
次世代の地域インフラの構築に欠かせない地域とのコミュニティ創造へのプロデュース
地域還元事業の協業により、地域・社会課題へのシナジー

③ILP×LIFULL「空き家再生事業・コミュニティ創造事業」
全国空き家再生案件に対する、ハード整備、資金調達、情報発信、コミュニティ作りなど、機能別・用途別活用に向けた企画策定プロデュース。共同運営型コミュニティ「Living Anywhere Commons」と協働した地域課題解決へのシナジー。

④ILP×東邦レオ「コミュニティグリーン事業・P-PFI事業」
ハード整備だけでなく、コミュニティコンテンツ事業への共同参画
民間投資事業(Park-PFI)に対する、コンセプトメイキングから運営事業までを一貫した管理における都市公園へのシナジー。

■追加出資企業について
【キリンホールディングス株式会社】
キリングループは、「酒類メーカーとしての責任」を果たし、「健康」「地域社会・コミュニティ」「環境」という社会課題に取り組むことで、こころ豊かな社会を実現し、お客様の幸せな未来に貢献します。
名  称:キリンホールディングス株式会社(KirinHoldingsCompany,Limited)
所在地:〒164-0001東京都中野区中野4-10-2中野セントラルパークサウス
代表者:代表取締役社長 磯崎 功典
主な事業内容:グループの経営戦略策定及び経営管理
資本金:102,045,793,357円
https://www.kirinholdings.co.jp

【自然電力株式会社】
自然エネルギーに特化したエネルギー事業会社として、
地域に根ざした発電所の設置・運営、地域電力会社の共同運営のほか、
地域還元プロジェクト「1% for Community®」を通じた地域産業の振興や創出を行なっています。
名 称:自然電力株式会社(ShizenEnergyInc.)
所在地:〒810-0062福岡県福岡市中央区荒戸1-1-6福岡大濠ビル3F
代表者:代表取締役 磯野 謙、川戸 健司、長谷川 雅也
主な事業内容:太陽光・風力・小水力等の自然エネルギー発電事業(IPP)
資本金:607,149,150円(資本準備金含む)
https://www.shizenenergy.net

【株式会社LIFULL】
2033年、3軒に1軒が空き家になるという日本。社会問題と見るか。自由な生き方を手に入れるチャンスと見るか。「LIFULL地方創生」は空き家の再生を軸に、日本に新しいライフスタイルを提案します。
名 称:株式会社LIFULL(LIFULLCo.,Ltd)
所在地:〒102-0083東京都千代田区麹町1-4-4
代表者:代表取締役社長 井上 高志
主な事業内容:不動産情報サービス事業
資本金:9,716百万円
https://lifull.com

【東邦レオ株式会社】
グリーンインフラをテクノロジー、デザイン、ディベロップメントの要素により、ハード・ソフトの両面で「居心地の良い街づくり」を実現します。
名 称:東邦レオ株式会社(TOHO-LEO Co.)
所在地:〒540-0005大阪府大阪市中央区上町1丁目1番28号
代表者:代表取締役会長 橘 俊夫、代表取締役社長 吉川 稔
主な事業内容:グリーンインフラ事業、グリーンライフスケープ事業
資本金:96,000,000円
https://www.toho-leo.co.jp

【オーディション最終合宿】


先日、ローカルパートナーオーディションの最終合宿が、伊豆下田の1日1組、船でしかいけないキャンプ場《AQUA village》で開催されました。http://villageinc.jp/aqua/

参加したのは、全国各地からローカルビジネスに希望を持った男女18名!
経験も、年齢も、環境も異なる様々な参加者同士の意見や思いの共有、共同作業を通して築かれるチームワーク、様々な熱意や気づきが入り乱れる1泊2日となりました。
オーディションと銘打ってはありますが、
限られたイスを競い合うものではなく、参加者同士のチームの集合知、そこから生まれる化学反応を目指した合宿となりました。
それも全て、私たちの予想を超える、「応募してきた参加者の高い意識レベルと経験値」がこの合宿の方針を決めたといっても過言ではありません。

このオーディションに参加した合計22名の地域プロデューサーの卵のみんなが一つのプラットフォームとして、将来必ず各地で活躍することになります。

◯参加者の感想(一部)
「みんなの熱量、しっかり受け取りました!!あの場所で皆で見た夕日、一緒に作ったご飯、夜な夜な語った想い、どれもが自分の心に火をつけてくれました。ありがとうございます」
「とんでもない2日間でした。気づきと出会いが縁になって
しかも、今こうして皆と繋がっていけるって凄い」

ローカルパートナーオーディション【日本仕事百貨】に掲載中

地域ビジネスにおける最重要ファクトの一つ「人財」

「ローカルパートナーオーディション」が、日本仕事百貨に掲載されております。

すでに多くのお問い合わせと申し込みがありますが、一人一人全く異なる背景と思いをもっており、単なる人材募集とは全く異なる様相です。

まったく新しい取り組みのため、一人でも多くのチャレンジャーにお会いしたいと思っております。この機会にぜひ、地域ビジネスに関わってみませんか!?

【日本仕事百貨HP】

https://shigoto100.com/2019/05/interlocalpartners.html

インターローカルパートナーズMOVIE

弊社の会社説明PVが完成いたしました。